ハツーモ運営事務局
内閣府認定公益社団法人「日本毛髪科学協会」が認定する毛髪診断士監修のWEBサイトを運営。

【掲載メディア実績】

朝日新聞デジタル&M、@niftyビジネス、SankeiBiz、BIGLOBEニュース、財経新聞、LINEニュース 他多数

薄毛治療の知識

AGA治療は1ヶ月の費用は??どれくらい通うの??保険は効く??


薄毛やハゲに悩み、
「AGA治療を始めよう!!」
と考える。

でも、心の片隅で気になるのは、AGA費用ではないでしょうか。

費用が高すぎるとAGA治療も難しいものです。

・AGA治療費用の相場(1ヶ月&年間)

・AGA治療は保険は効いて費用は安くなるのか?

・AGA治療病院へ通う頻度と期間

・コスパの良いAGA治療病院の選び方

・AGA治療の費用は安い方が良いのか?

・AGA治療の費用が安い病院

・AGA治療費用を安く済ませる方法

・高額費用に医療ローンは使えるの?

というお金に関する治療費用のことは、やっぱり気になるものです。

当記事では、AGA治療の費用にまつわるお悩みを分かりやすく解説いたします。

またAGA治療の薬についても解説します。

下記の目次は、該当箇所をクリックすると、その内容をご覧いただくことができます。

AGAとは男性型脱毛症

前髪の生え際が少し後退気味前髪の生え際が少し後退気味。AGA治療をした方が良い状態。

AGA(エージーエー)とは、男性型脱毛症「Androgenetic Alopecia」の略称です。「アガ」ではなく、「エージーエー」と読みます。

男性の進行型の脱毛症であり、原因は、男性ホルモンであるテストステロンが、ジヒドロテストステロンに変換することで、正常な毛髪サイクルが乱され、AGAを発症します。

AGAの人は、日本国内で1,200万人を超えています。

個人差があり、早い人は10代でAGAを発症します。

20歳以上の日本の成人男性人数が約5,300万人(2015年当時)なので、5人に1人の成人男性がAGAで薄毛やハゲということです。

多くのAGAで悩む男性が薬や植毛でAGA治療をしています。

AGA症状は前髪生え際や頭頂部から薄くなる

ハゲてますハゲが目立ちます。AGA治療をしないとこれは発毛しません。

AGAの一般的な症状では、前髪の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、もしくは双方から徐々に薄くなります。

AGAの場合、後頭部の髪は、薄くなりません。
なので、自毛植毛をする場合は、後頭部の髪をハゲの部分の植毛します。

日本人に最も多いAGAのハゲ方は、頭頂部から徐々に薄くなっていく症状です。

でも、AGA治療をすれば、発毛しますのでご安心ください。

AGA治療内容は3種類


AGA治療は大きく3つに分けることができます。

①投薬治療

②注入治療(メソセラピーなど)

③自毛植毛

①と②の治療を組み合わせることもあります。

しかし、一般的には、①の投薬治療がメインとなります。

薬は発毛効果が非常に期待できます。

多くの方が、①の投薬治療だけでAGA治療をしています。

費用の高い③の自毛植毛をする男性は、①の投薬治療と比較すると、少なめです。

初めてのAGA治療の流れを解説


AGA・薄毛治療病院での一般的な流れを解説します。

ここでは、非常に多い症例数※190万人のAGA治療実績のあるヘアメディカルグループで行う流れで説明します。東京や大阪にもある大変人気なAGAクリニックです。

※1999年〜2017年のヘアメディカル グループの延べAGA治療の患者数

①予約をする


街の皮膚科なら予約は必要ありませんが、AGA治療専門病院は、予約が必要です。
公式サイトからWEB予約、もしくは電話予約をしましょう。

そこで、訪問する具体的な日時を決めます。

②問診票の記入

指定された日時に訪問して、受付に行きます。

問診票を渡されるので

・AGA、薄毛で悩んでいる箇所
・家族の薄毛の有無
・病歴
・現在、服用中の薬

などを記入します。

より良いAGA治療をするために、しっかりと正確に詳細に記入しましょう。

ここまでは、費用は特に掛かりません。

③カウンセリング

カウンセリングの費用は無料の病院が多いです。

ここでは、医師や専門スタッフがカウンセリングをします。

・AGA治療内容
・AGAの治療薬の説明
・費用
・効果が出るまでの期間

などをお話しします。

不明点があれば、遠慮なく確認しましょう。

費用に納得できるかよく検討してみてください。

特にAGA治療の薬の副作用などは気にされる男性が多いです。

副作用も薬なので、当然あるのですが、これくらいの副作用なら問題ないとなってAGA治療を始める方がほとんどです。

カウンセリングが終わって、ここで帰宅することも可能です。ここまでの費用は、無料です。

希望であれば、AGA治療の一歩手前の工程の診察に行くのも可能です。

次の診察から費用が掛かります。

④医師による頭皮や髪の診察

医師による頭皮の診断や髪の状態をマイクロスコープでチェックします。

ここでも改めて薬の効果や副作用など医師に確認したければ、遠慮なく聞いてください。

AGA治療に対する不安をここで無くしましょう。

この段階で初診料5,000円の費用が発生します。

⑤血液検査・血圧測定

AGA治療を受けることができる健康状態かチェックするため。

AGA治療で使う薬を飲んで大丈夫なのかなどを調べます。

ここまで受けて、初診料も含め、初日の費用は計10,000円となります。

⑥AGA治療開始(前回から1週間後)

再度診察。

血液検査で問題が無ければ、AGA治療を開始します。

ここでようやく治療開始です。

今後の発毛が楽しみですね。

帰り際にAGA治療の薬も貰えます。

問題なければ、1ヶ月に1回のペースで通院します。

診察料や治療薬、各種検査の費用が今後、定期的に掛かります。

AGA治療頑張っていきましょう!

AGA治療費用の内訳


大事なのは、費用が自分にとって無理のない範囲内かどうかです。

AGA治療は一回やって終わりというものではなく、継続的にやるものです。

AGA治療を続けられなければ意味がありません。

なので、費用の問題はクリアにしとかないといけません。

投薬治療代や場合によっては、注入治療代、検査費用が掛かります。

1ヶ月と年間AGA治療費用の相場

1ヶ月の治療費用

AGA治療薬だけでも発毛可能ですので、ここでは、メソセラピーを使わない投薬治療のみでの費用の場合です。

詳細は後述していますが、AGA・薄毛治療病院は1ヶ月に

15,000円〜32,000円

が投薬治療の費用として掛かります。

年間の治療費用

1ヶ月のAGA治療費用の×12の数字です。

年間のAGA治療費用の目安は、合わせて

180,000円〜384,000円

となっております。

年間でこの費用が無理の無い範囲か確認してください。

AGA治療は、保険は効きませんので、費用がそれで安くなりません。

AGA治療は、保険適用外の自由診療です。そのため全額自己負担です。

健康保険が効くのは、一般的には病気や怪我などの命に関わることです。

我々が普段、費用を安く病院に行くことができるのは、保険のおかげです。

残念ながらAGA治療は、美容目的のため、保険適用外となります。

ただし、円形脱毛症などは、保険適用疾患として認められており、保険が効きます。

その場合は、費用を抑えることが出来る大きなメリットがあります。

投薬治療の費用

AGA治療内服薬は、目的別に二つあります。

この二つの薬を組み合わせる相乗効果でAGA治療を行います。

分かりやすく薬の解説すると
守り(抜け毛を抑制)と責め(発毛)の薬です。

薬の目的 内服薬
抜け毛を抑制する フィナステリド、デュタステリド
発毛させる ミノキシジルタブレット

 

薬:フィナステリド

複数あるAGA治療内服薬の中でも、最も基本で重要なのが、フィナステリドです。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼ(酵素)によって、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換することで発症します。

DHTは、正常なヘアサイクルを狂わせ、毛根の成長期を極端に短くします。
イラストの赤の部分が該当します。

そうなると、毛は十分に成長できず、細く弱り抜けてしまいます。

AGAの仕組みAGAの仕組み

結果、毛根が弱った末に死に、薄毛・ハゲになってしまいます。

この状態は、治療しないと、どんどんハゲになっていきます。

フィナステリドは、5αリダクターゼ(酵素)に作用することで、DHTの発生を抑制することで、AGAの進行を抑制します。

薬:デュタステリド

効果の系統は上記のフィナステリドと同じでAGAの進行を抑制しますが、AGA治療効果は1.5倍と言われています。

フィナステリドとの大きな違いは、作用する「型」の違いです。

フィナステリドは、5αリダクターゼ(酵素)Ⅱ型にしか作用します。

デュタステリドは5αリダクターゼ(酵素)Ⅰ型&Ⅱ型両方に作用します。

さらにデュタステリドは、体内での薬効期間が数週間と、フィナステリドの約6〜8時間と比較して長いのも特徴です。

薬:ミノキシジルタブレット

頭皮の血行がよくなることで、毛細血管から毛乳頭へ栄養が行き渡る結果、発毛することができます。

発毛する上で非常に重要な薬です。

AGA治療に通う頻度と期間

AGA治療に通院する頻度

1ヶ月に1回のペースが一般的です。
東京や大阪の病院で差はありません。

全国どこでも一般的に1ヶ月に1回のペースです。

なので費用も1ヶ月どれくらいかかるかを考慮しましょう。

AGA治療で通院する期間


AGA治療の通院期間は、個人差があり、決まっていません。

通院する期間がずっとだと治療の回数が増え、費用がかさみ心配になるかもしれません。

最初は1ヶ月に1回通院しますが、AGAの進行も抑制され、発毛効果が見られ、あとは、毛の維持という段階に来ると間隔を開けていきますし、内服薬の量も減っていきます。

費用も薬の量も以前より少なくなります。

副作用の心配も多少はありますので、薬の量が減るのは喜ばしいことですよね。

だいたい半年〜1年のAGA治療で発毛の効果が見られるので、その後は、3ヶ月に1回の通院と間隔を開けていくケースもあります。

コスパの良いAGA・薄毛治療病院の選び方

投薬治療の費用比較

AGA治療クリニックは、たくさんあるので、ここでは東京で人気のあるクリニック5院を厳選して費用比較します。

クリニック名称 1ヶ月にかかるAGA治療の費用
ヘアメディカル グループ 15,000円〜32,000円(税抜)
AGAスキンクリニック 14,000円〜36,000円(税抜)
銀クリ 6,500円〜17,500円(税抜)
聖心毛髪再生外来 5,500円〜31,700円(税抜)

 

これがAGA治療内服薬の1ヶ月の費用目安です。

 

注入治療の費用比較

AGAクリニックは、たくさんあるので、ここでは人気のあるAGA治療クリニック3院を厳選して費用比較します。注入治療はAGAメソセラピーのことです。HERG治療など、注入治療は色々あります。

メソセラピーは、直接、頭皮に有効成分を注入することで、特にM字ハゲの発毛に効果的です。

飲む薬ではありません。

費用は高くなりますので、予算状況が厳しければ、断っても大丈夫です。

無理のない費用でAGA治療をしていきましょう。

内服薬だけでも発毛の治療効果は十分あります。

クリニック名称 1回にかかる注入治療(AGAメソセラピー)の費用
AGAスキンクリニック 50,000円(税抜)
銀クリ 18,000円(税抜)
ゴリラクリニック 59,800円(税抜)

※銀クリはノンニードルのメソセラピーです。
※AGAスキンクリニックは、東京、大阪、札幌など全国40院上展開してます。

注入治療は、内服薬と比較して、クリニックごとの費用の差が大きいことがわかります。

内服薬よりも費用はかなり高くなりますが、銀クリは、ダントツで安いですね。

内服薬と合わせてのAGAメソセラピーをお考えでしたら、病院ごとに費用の差が大きく変わるAGA治療なので、事前に病院ごとの費用と治療内容の情報収集が必須です。

自毛植毛の費用比較

AGA治療クリニックは、たくさんあるので、ここでは人気のあるクリニック1院を厳選して費用比較します。

自毛植毛は、投薬治療や注入治療と比較すると、かなり費用が高額になります。
薬は飲みません。

下記の湘南美容クリニックの自毛植毛の費用ですが、他のクリニックも自毛植毛の費用は高額になります。

もちろん費用の振れ幅はありますが、共通して言えるのは、自毛植毛は、他のAGA治療と比べても費用が圧倒的に高額ということは覚えておいてください。

数量(グラフト) 1回にかかる自毛植毛の費用
500 490,000円(税込)
750 690,000円(税込)
1000 880,000円(税込)
1250 1,025,000円(税込)
1500 1,170,000円(税込)
2000 1,440,000円(税込)
2500 1,700,000円(税込)
3000 1,860,000円(税込)

※グラフトは毛穴の数です。学術的に日本人の1つの毛穴から2本毛が生えているのが平均です。数が多ければ多ほど費用は掛かります。

100万を一回の植毛治療で越えるので、相当費用が高い印象になりますね。

高い費用でも、植毛治療で一気にハゲを治したいというタイプの男性には良いですね。

AGA治療の費用は安い方が良いのか??

費用が安ければ良いとは、一概に言えません。

AGA治療は、病院ごとにカウンセリングの質やアドバイスは変わってきます。
当然、治療効果にも差が出るのでしょう。

または、プラスαで費用は掛かりますが、検査を組み込んだ方が、発毛治療効果が上がります。

あまりにAGA治療の費用の安さに固執して、発毛のためにするべきことが出来ずに、結果的に発毛しないと本末転倒です。

AGA治療の費用を安く済ませる方法

内服薬のみ

内服薬のみでも発毛治療効果は十分にあります。

メソセラピーを併用した方が、発毛も早いですが、費用が高額になります。

内服薬のみで1年半〜2年かかっていたものが、育毛セラピーだと3ヶ月〜半年で同等の効果が出たりはします。

しかし、内服薬でも発毛します。
AGA治療の薬は、副作用も多少ありますがm、非常に高い効能が見込まれていますので安心です。

「AGA治療は内服薬のみでやろう」

と決めてやれば、費用は抑えることができます。

フィナステリド・デュタステリド内服薬とミノキシジルタブレットは、国内の男性型脱毛症診療ガイドラインでも高く評価されている、世界的にも標準的なAGA治療法です。

ジェネリック医薬品を選択

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は後発医薬品です。費用が安いです。

厚生労働省の認可を得て製造販売される新薬と同じ有効成分を含む医薬品のことです。

厚生労働省の認可を得ており、効果の同等性が認められています。

日本では、患者さんの自己負担を減らすために、費用の安いジェネリック医薬品が推奨されています。

AGA治療の薬もジェネリックが費用が安いのでオススメです。

費用の安い個人輸入の危ない薬ではないので、安心です。

薬:フィナステリド

例えば、AGA・薄毛治療病院の聖心毛髪再生外来の費用です。

薬のプロペシアもフィナステリドも、抜け毛の進行を抑制する内服薬です。

プロペシアの費用 1ヶ月分:9,500円(税抜)
フィナステリドの費用 1ヶ月分:5,500円(税抜)

実はこれは、費用が違うのに、効果は同じです。

薬のフィナステリドがジェネリック医薬品なのです。

1ヶ月4,000円も費用が安くなります。

年間だと48,000円も費用が安くなります。

効果が同じなら、費用が安いほうが良いですよね。

これがジェネリック医薬品です。

初回割引で費用を安く使う

初回だけAGA治療の費用を安くしているクリニックもあります。

ゴリラクリニックは初回の費用が安い!

例えば、ゴリラクリニックのAGA治療の費用(税抜)をご覧ください。

内服薬 AGA治療の費用
薄毛(AGA)治療薬
ミノフィアG
30日分:初月9,800円(通常16,000円)

初月のAGA治療費用が6,200円も安いです。

他にも湘南美容クリニックの費用(税込)をご覧ください。

湘南美容クリニックも初回のAGA治療費用が安い!

■内服薬(税込価格)

HRタブレットAi
フィナステリド
初回(1ヶ月あたり)の費用:1,800円
2回目以降(1ヶ月あたり)の費用:3,000円
プロペシア錠 1ヶ月(初回限定)の費用:4,200円
1ヶ月(2回目以降)の費用:6,500円
ザガーロカプセル 1ヶ月(初回限定)の費用:4,800円
1ヶ月(2回目以降)の費用:8,200円

内服薬のフィナステリドの初月は、
通常価格より費用が1,200円安い。

プロペシア錠の初月は、
通常価格より費用が2,300円安い。

ザガーロカプセルの初月は、
通常価格より費用が3,400円安いです。

薬代が安くなるのは嬉しいですよね。

モニター割で費用をお得にAGA治療

AGAの進行が抑制され、発毛に成功した写真撮影や手術中の動画撮影、WEBサイト、雑誌広告での公開の協力が可能でしたら、モニター割で安くお得にAGA治療をすることが出来ます。

湘南美容クリニックはスマートメソセラピー(6回)のモニター割があります。

費用を抑えるAGA治療です。

湘南美容クリニックはモニター割で費用がお得!

■スマートメソセラピー

モニター価格(6回) 173,000円(税込)
通常価格(6回) 192,000円(税込)
価格差 19,000円

これは、薄毛部位にレーザーと超音波を活用して、発毛成分を頭皮に浸透させるAGA治療です。

モニター割を活用することで、19,000円費用がお得になります。

スマートメソセラピー以外にも費用が安くなるモニター割はあります。

ただし、モニター割をしている院は一部と限られているので、要確認です。

注意!!

個人輸入のAGA治療薬は止めましょう!

海外からの個人輸入のAGA治療薬の費用は安いです。

しかし、個人輸入の薬は偽物のリスクがあります。

AGA治療効果が全く無いどころか、場合によっては己の健康を害する危険があります。

費用が安くても、絶対に個人輸入のAGA治療薬を使うのは止めましょう。

その他の使える費用の知識(医療費控除&無料カウンセリング)

■医療費控除

AGA治療は原則として、医療費控除は受けることができません。

医療費控除とは、年間の医療費用が10万円を超えたときに、領収書があれば、確定申告の際に控除が受けられるものです。

AGA治療が医療費控除が受けられないのは、健康保険適用外になった理由と同じ「美容目的」だからです。

AGA治療は医療費控除が受けられると記載されているサイトもありますが、それは間違った情報です。

例外として、病気での脱毛症や円形脱毛症などは医療費控除として認められる可能性があります。

あとは、税務署で認められた場合も、医療費控除として認められます。

なので、AGA治療の領収書は大切に保管しておきましょう。

■無料カウンセリング

無料カウンセリングを有効に活用して、いかにAGA治療の費用を抑えながら発毛効果を上げていくか相談するのも良いです。

例えば、AGA・薄毛治療病院の聖心毛髪再生外来は、何度カウンセリングをしても無料です。

それは、髪の悩みや不安を医師と徹底的に話すことで信頼関係を築き、より効果的なAGA治療をするためです。

あとは、AGA治療病院ごとの比較をしましょう。

多くのAGA・薄毛治療病院で無料カウンセリングを行なっています。

あなたの頭皮や髪の状態を診てもらい、発毛までの費用は具体的にいくら掛かるかを病院ごとに比較するのも安くする上で有効な手段です。

AGA治療費用の支払いに医療ローンは使えるのか


医療ローンは使えます。

メリットは、高額な費用のAGA治療でも月々の支払いが10,000円〜15,000円くらいに抑えることができることです。

しかし、デメリットもあります。

ローンを組むと費用の支払い義務が発生するため、AGA治療の効果が出ずに途中で辞めてしまった後も、残りの費用を支払う必要があります。

以上のことから、効果を確かめながらAGA治療の費用を都度払いした方が良いかと思われます。