ハツーモ運営事務局
内閣府認定公益社団法人「日本毛髪科学協会」が認定する毛髪診断士監修のWEBサイトを運営。

【掲載メディア実績】

朝日新聞デジタル&M、@niftyビジネス、SankeiBiz、BIGLOBEニュース、財経新聞、LINEニュース 他多数

薄毛治療の知識

AGA治療は効果がある?発毛しない人はいる?途中でやめるとどうなる?を徹底解説。

今は病院でAGAが治せる時代です。

とはいえ、

・AGA治療は効果があるの?
・効果が無い人はいる?
・途中で治療をやめたらどうなるの?

など、色々気になりますよね。

そこで今回は、AGA治療の専門病院ではどんな薬を使って治療が行われ、どのような効果を得られるのか、について詳しく解説していきます。

AGA治療の効果が知りたい方はぜひ参考になさってください。

AGA治療薬の種類と効果


病院で処方されるAGA治療薬に使用される最もオーソドックスな成分は以下の3種類です。

・フィナステリド
・デュタステリド
・ミノキシジル

フィナステリド

プロペシア
AGAは、テストステロンという男性ホルモンが体内酵素の5αリダクターゼによって、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉ホルモンに変換されることで起こります。

フィナステリドという成分は、5αリダクターゼに作用して、DHTの生成を防ぎ、これによってAGAの進行を抑えます。

簡単に言うと、抜け毛を抑える効果のある薬です。

フィナステリド製剤が配合されている薬としては「プロペシア」が有名。

また、ジェネリック薬の「フィナステリド」(成分名フィナステリドが、そのまま薬名フィナステリドになっているのでややこしいですよね)も流通しています。

プロペシアもフィナステリドも内服薬です。

デュタステリド

「デュタステリド」という成分も、系統としては上のフィナステリドと同じですが、効果はデュタステリドの方が1.5倍高くなっています。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、フィナステリドはⅡ型にしか作用できないのに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型両方に作用することができるからです。

こちらも、抜け毛を抑える効果のある薬です。

デュタステリドが配合されている薬としては「ザガーロ」が有名。

ザガーロは内服薬です。

ミノキシジル

ミノキシジルの作用点
3つ目の成分は「ミノキシジル」です。

ミノキシジルは毛根につながる毛細血管を拡張し、血流を改善します。これによって多くの栄養を運び、弱った毛根を回復させ、効果的にAGAを治療することができます。

わかりやすく言うと、発毛を促進し今ある毛を維持する効果のある薬です。

ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。

日本皮膚科学会でも効果が認められている

ミノキシジルの外用薬およびフィナステリドの内服薬は日本皮膚科学会のガイドラインでもAGAに効果が認められた成分です。

薬の副作用について


薬には治療効果もありますが副作用も気になりますよね。

フィナステリド・デュタステリドの副作用

プロペシアなどのフィナステリド製剤、ザガーロなどのデュタステリド製剤は、系統が同じため可能性のある副作用もほぼ同じです。

主な副作用としては

性欲減退、勃起不全、射精障害、睾丸痛などの生殖器系、痒みやじんましんなどの皮膚症状系、他に肝臓の数値異常、乳房肥大、抑うつ症状、腹痛や下痢

などがあります。ただし、頻度としては数パーセント未満ですので過度に恐れる心配はありません。

ミノキシジルの副作用

一方ミノキシジルは、元々高血圧症の治療に利用されていた成分で、血管を強力に拡張する作用があることから、血圧及び循環器系に影響が出ることがあります。

具体的には、

血圧の低下、心拍数の異常、頭痛、めまい、胸痛、倦怠感、吐き気、体重の増加、手足のむくみ

などの症状が現れることがあります。

外用薬として使用する場合は強い副作用の心配はいりませんが、外用薬の性質上頭皮の痒みや発疹発赤などの症状が出ることがあります。

基本的にはいずれの薬も医師の指示に従って使用していれば大きな副作用の心配はあまりありませんが、気になる症状が現れた時にはすぐに担当医に相談するようにしてください。

なお、フィナステリドとデュタステリドについては女性の使用は禁忌となっています。ミノキシジルは女性でも使用可能です。

目的で考えるaga治療薬の効果

頭部撮影
前項でも触れましたが

・フィナステリド製剤
・デュタステリド製剤
➾抜け毛を抑える効果

・ミノキシジル製剤
➾発毛効果

がある薬です。

そのため、抜け毛を抑えられればいいという方はフィナステリド製剤・デュタステリド製剤だけでもいいですが、

発毛効果も求めて髪を増やしたいという方には、ミノキシジルも加えた治療が向いていると言えます。

個人輸入ではなく病院に行った方が効果が出やすいのか?

プロペシア
今はネットでもAGA治療薬が個人で購入できる時代ですが海外からの個人輸入は危険なのでするべきではありません。

個人輸入は日本では認められていない成分が含まれている可能性がありますし、自分の髪の状態に合った濃度、内容でなく効果がでないことも考えられます。

AGA治療の専門病院に行くと、その人に合った濃度・内容の薬が処方してもらえます。

目先の安さで個人輸入してしまい効果が出ない日々をずっと過ごすより、病院でしっかり自分に合った薬を出してもらうことは効果が出る近道になります。

また、病院では効果を出すためのサプリメントや生活習慣のアドバイスもしてもらえますし、場合によってはこれらの治療薬以外のものが薦められるかもしれません。

効果を求めるなら病院に行くべきと言えるでしょう。

育毛剤の効果はどうなの?

また、病院に行かずに育毛剤に頼ろうとする方も多いと思います。

ただ、育毛剤にはAGAに効果があるとされる「ミノキシジル」は配合されておらず、育毛剤で望むような効果は期待できません。

育毛剤を何本も試して出費を重ねるのは賢い選択とは言えません。

※最近では「メディカルミノキ5」のような発毛剤も発売されていますね。
こちらは育毛剤ではなく「ミノキシジル配合の発毛剤」なので効果が期待できます。

ただし、市販品である以上、濃度の調整などをしてもらえるわけではないので効率的に効果を求めるなら病院の方が効果の出やすさは勝ると言えるでしょう。

病院でのaga治療の効果が出始めるまでの期間は?


AGAの治療では風邪や腹痛と違って数日で改善を期待することはできません。

どんなに効果の強い治療薬を使っても、治療の効果がでるのは早くても約3か月程度、通常は4カ月~半年間程度は必要とされています。

これは、人の髪の毛が生まれ変わるサイクル(ヘアサイクル)が関係しています。

正常な髪の毛は5年から7年程度の成長期の間に成長し、成長が止まる3週間ほどの退行期を経て、数か月間の休止期に入り自然に脱毛します。

AGAの患者さんは成長期が極端に短くなることで髪の成長が妨げられているため、毛量は減っており髪の薄さが目立つようになっています。
AGAの仕組み
治療薬によって徐々に毛根は力を取り戻しますが、それでも弱った毛根が回復し、そこから太く強い髪を成長させるのには時間がかかるので、目に見えた薄毛の改善は短期間では実現できないのです。

約半年ほどで治療効果は徐々に現れ、毛量が増えて見た目に改善が実感できるのは半年~1年後くらいのスパンが必要と考えておくといでしょう。

効果が出ない人もいる?

AGA治療の効果が出ない人もいるのか気になりますよね。

それについては以前、ヘアメディカルグループの医師の方に実際に聞いてみたことがあります。

AACクリニック名古屋  平山院長
AGA(薄毛)治療しても治らない人はいる?専門医に聞いてきましたAGA治療を受けても薄毛が治らない人はいるのか?発毛治療の専門医に詳しく話を聞いてきました。...

結論から言うと、2割弱という少ない確率で効果が出にくい人もいるようです。

効果が出にくいかどうかは、4カ月~半年程度治療を続ければわかるそう。

ヘアメディカルでは効果が出にくいと分かった場合、本人にしっかり伝えているそうです。

このように効果が出にくい人であると判明した場合にはっきり伝えてもらえるクリニックであることも治療をスタートする上では大切です。

効果が出にくい薄毛のタイプもある?


また、M字ハゲと言われる薄毛の場合、深く太い毛根に成長しにくいため、効果が出るのも遅い傾向があるようです。

こちらも以前複数の専門医に話を聞いたことがありますので参考にしてみてください。

生え際の薄毛
薄毛治療専門病院の医師に質問「M字ハゲは治りにくいですか?」薄毛や抜け毛に関する 疑問や気になる事、色々ありますよね。 でも、そんな疑問や気になることって ネット上で色々調べてみても ...

発毛効果の症例

とはいえ、現実には8割以上の男性が治療により発毛しています。

こちらは日本一の実績を持ち、発毛率8割以上のヘアメディカルグループで薄毛治療を受けた男性の実際の症例写真です。

ご自身の症状に近いものがあれば参考にしてみてください。


出典:ヘアメディカル公式サイト


出典:ヘアメディカル公式サイト

出典:ヘアメディカル公式サイト

公式サイトではこれ以外にも沢山の症例が見れます。

治療を途中で止めてしまうとどうなる?

大切なのは、治療を始めて効果が出ないからといって途中で治療を止めてしまわないことです。

「治療効果が無かった」という人が稀にいますが、恐らく途中で治療を放棄してしまったのでしょう。

AGA治療は最低4カ月~半年以上の期間、正しい治療を施せばほとんどの人は改善を実感できるはずです。

また改善を実感できても、しばらくは医師の指導の下で治療を継続する必要があります。

いきなり治療薬の使用を止めてしまうと、また抜け毛が増えて薄毛が目立ってきます。

医師と相談しながら、少しずつ減薬などの工夫をしてAGAの進行を抑えつつ、より負担が少なくなるように調整していくことが大切です。

発毛し終わった後にどのような流れで薬を減らし治療から卒業していけるのか、あらかじめカウンセリングで確認しておくことも大切です。

しっかりと発毛後の道すじを示してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回はAGA治療の効果について色々お話してきました。

効果が出るまでの期間は最低4カ月~半年程度と長い期間ですが、これを乗り越えた多くの男性がAGAを改善しています。

発毛に成功したら自分に自信もつきますし、周りからの印象もグっと変わりますよね。

きっと今よりも人生を楽しめることが増えるのではないでしょうか?

あなたも信頼できる医師とタッグを組んで治療をし、効果的なAGA治療をしてみてはいかがでしょうか。