ハツーモ運営事務局
内閣府認定公益社団法人「日本毛髪科学協会」が認定する毛髪診断士監修のWEBサイトを運営。

【掲載メディア実績】

朝日新聞デジタル&M、@niftyビジネス、SankeiBiz、BIGLOBEニュース、財経新聞、LINEニュース 他多数

薄毛治療の知識

プロペシアとザガーロ。どっちが自分に適した薬か調べる検査方法!

生え際の後退

男性の頭髪が薄くなるAGAは、
病院で適切な治療薬の投与を受ける
ことによって改善することができます。

治療に用いられる薬剤は
いくつかありますが、要となるのが
DHT(ジヒドロテストステロン)が
生成するのを阻害するAGA治療薬。

AGAの主原因である「DHT」の
生成を抑制するために、
テストステロンから変化するのを
阻害する働きをもつ薬です。

現在、DHTの生成を阻害する薬には
「プロぺシア」「ザガーロ」
があります。

どっちが自分に合っている薬なのか
治療開始前に知れたらいいですよね。

プロペシアとザガーロの違い


プロペシアの主成分はフィナステリド、
ザガーロの主成分はデュタステリド
というように、プロペシアとザガーロは
まずは中身の成分が異なります。

これらはどちらもAGAの主原因である
DHTの生成を抑制する作用がある点
では同じなのですが、

ザガーロの方がプロペシアよりも
治療効率が良く、
AGAの改善作用も強くなります。

というのも、
両者が働きかける「相手」
に違いがあるのです。

DHTは体内に存在する
5αリダクターゼという酵素の働き
によって作られます。

この5αリダクターゼの働きを
阻害するのがAGA治療薬である
プロペシアやザガーロの役割です。

5αリダクターゼには
Ⅰ型とⅡ型があり、
プロペシアはⅡ型にしか
作用できません。

一方で、
ザガーロはどちらの型にも作用して
効率よくDHTの発生を抑えること
が可能です。

また、
体の中で安定して薬効を発揮できる
時間もザガーロの方が長いため、
AGAの改善効果はプロペシアよりも
ザガーロの方が高くなります。

ただその分
ザガーロは料金も高くなるので
プロペシアで十分ならプロペシアで
治療出来た方が良いですよね。

実際、薄毛治療病院でも
まずプロペシアを第一選択肢とし、
治療成果が良くない場合に
ザガーロの使用が検討されることが
多いようです。

そのため、治療を始める前に
どちらが適しているのか知れたら
効率的ですよね。

どっちが適しているか調べる方法


実は、プロペシアとザガーロ
自分にはどちらの治療薬が
適切かを調べる方法があります。

それが、
ヘアメディカルで行われている
「AGAリスク遺伝子検査」。

この検査では、
・AGAになりやすいかどうか
・プロペシアとザガーロのどちらが
自分に効果が出る可能性が高いか

を調べることができます。

より詳しい言い方にすると
以下を判別する検査となります。

・脱毛を促進するDHTの
影響の受けやすさ
・5αリダクターゼのⅠ型、Ⅱ型
どちらの発現強度が強いのか

AGAリスク
遺伝子検査の概要

この検査では両方の生え際から3本ずつ
合わせて6本と、頭頂部から5本の
毛髪を検査のために抜毛します。

引用元:ヘアメディカル公式サイト

抜毛はクリニック内で行いますが、
検査自体はクリニックでは行いません。

この検体は薄毛治療で医療提携している
聖マリアンナ医科大学に送られ、
そこで必要な処置を行い
検査が行われます。

検査には約1か月かかり、
検査結果はクリニックの医師から
伝えられます。

その結果を医師と共有し、
治療薬の選択の相談が
行われることになります。

遺伝子検査の料金は19,000円。

決して安いとは言えないですが
この検査によって効率的に
自分に合う薬で治療が行えるのは
大きなメリットですよね。

※検査のみ受けて
治療自体は行わない場合でも
初診料5,000円は必要になります。

検査結果の見方


遺伝子検査の結果については
詳しくは医師から説明がなされますが、
検査結果の見方も
簡単に紹介しておきます。

検体は生え際(前頭部)と頭頂部から
採取されていますから検査結果では、

生え際と頭頂部どちらでAGAが
発症しやすいか
を見ることができます。

引用元:ヘアメディカル公式サイト

結果で、赤い色が濃く現れた箇所
(バンドといいます)ほど
そのリスクが高いことを示していて、

上の表では前頭部より頭頂部の方が
赤い色が濃く表れており、

前頭部より頭頂部の方が
AGAのリスクが高いという結果

になっています。

さらに、5αリダクターゼのⅠ型
(検査表では「A1」と記されます)と
Ⅱ型(同「A2」)の発現強度も
バンドの濃さで判断することができます

引用元:ヘアメディカル公式サイト

上の表では、A1の方が赤い色が
濃く現れているので
5αリダクターゼのⅠ型の関与が
強いことが示されています。

この場合はⅡ型にしか作用できない
プロペシアよりも、Ⅰ型にも作用する
ことができるザガーロが第一選択肢
として有効であることを示しています。

興味深い検査ですよね。

また検査表内の「AR」の欄は
DHTの影響の受けやすさが
分かるようになっており、

白く強く発光している箇所が、
DHTの影響を受けやすい、つまり
AGAリスクが高いということに
なります。

この検査が受けられる
病院は?


AGAリスク遺伝子検査
を行っているのは
薄毛治療のパイオニアである
ヘアメディカルグループの病院だけ
です。

ヘアメディアカルグループは
薄毛治療の先端をいく病院。
聖マリアンナ医科大学と共同で
この検査方法を開発したそうです。

「総合頭髪治療」を謳う
ヘアメディカルグループは
治療機関であると同時に

研究機関としても機能しており、
現場の治療を研究に役立て、
その成果をまた治療現場に
フィードバックしています。

常に最新、最先端の治療を
受けることができる点も
ヘアメディカルの大きな魅力
と言えるでしょう。

ヘアメディカルでは無料カウンセリング
も行われているので公式サイトも
ぜひ参考にしてみてください。

公式サイトはこちら>>