ハツーモ運営事務局
内閣府認定公益社団法人「日本毛髪科学協会」が認定する毛髪診断士監修のWEBサイトを運営。

【掲載メディア実績】

朝日新聞デジタル&M、@niftyビジネス、SankeiBiz、BIGLOBEニュース、財経新聞、LINEニュース 他多数

医師インタビュー

「薄毛(AGA)の進行スピードはどれくらい?」抜け毛・薄毛治療病院の医師に聞きました

AGAについて気になることがあっても、世の中は様々な情報があふれかえっていて何が正しいのかわからないですよね。

そこで、今回は『薄毛の進行スピード』について複数のAGA治療専門医に話を聞いてきました。

薄毛の進行スピードについて

抜け毛が増え薄毛が始まったかも
という男性にとって薄毛の進行速度って
とても気になりますよね。

という訳で聞いていました。

管理人:
先生、薄毛の進行スピードはどのくらいですか?

進行スピードの速い薄毛はありますか?

ゴリラクリニック
稲見文彦総院長ご回答


稲見総院長:
AGAの進行度分類として最もよく用いられるのがハミルトン分類です。

まったく薄くないⅠ型から、いわゆる「波平さんタイプ」 のⅦ型までの7段階に分けるのですが、

何も治療しない場合は「5年で1段階、症状が悪化する」と言われています。

もちろん個人差がありますので、それより速い速度でAGAが進行することも十分考えられます。

「まだ大丈夫」と思って何もしないでいると、5年後10年後には深刻なAGAになっている危険性があると言えます。

稲見総院長プロフィール:

東邦大学医学部卒業後
東邦大学形成外科学教室入局
大手美容形成外科入職
京都分院長就任を経て

東京イセアクリニック入職
ゴリラクリニック総院長 就任

所属
日本形成外科学会
日本美容外科学会

ヘアメディカル
脇坂クリニック大阪
脇坂長興院長のご回答


脇坂院長:
男性の薄毛の典型である男性型脱毛症は、一般的に思春期以降に数年~数十年をかけて徐々に進行します。

ただし、ストレス過多や睡眠不足、極端なダイエットなどに伴って、数か月に期間で薄毛が進行する例もあります。

ストレスなどが誘因となって起こる円形脱毛症は、毛根に対する免疫反応が原因なので、30分程度で成立することもある
とされています。

脇坂院長プロフィール:

聖マリアンナ医科大学医学部卒業。
同大学病院の形成外科で
skin rejuvenationを研究。

日本形成外科学会専門医
麻酔科標榜医
日本美容医療協会会員
特定非営利活動法人F.M.L.理事

医療法人 翠奏会理事長
聖マリアンナ医科大学幹細胞再生医学
寄附講座講師

※『中居正広のミになる図書館』
『産経新聞』
などメディア出演も多数

AGAヘアクリニック
水島豪太院長のご回答


水島院長
人によります。

水島院長プロフィール:

日本大学医学部卒業。
初期研修課程終了後、
東京医科歯科大学へ入局。
大手AGA専門クリニック定期勤務。
大学病院および市中病院で研鑽を積み
カリフォルニア大学サンディエゴ校
留学を経て表参道皮膚科AGA担当医
として勤務を経て
AGAヘアクリニックを開院。

所属:
国際毛髪抗加齢医学学会
毛髪科学研究会
日本遠隔医療学会
日本再生医療学会
日本美容皮膚科学会
日本耳鼻咽喉科学会
日本めまい平衡医学会

結論


薄毛治療専門医3名の方に
ご回答頂きました。

ゴリラクリニックの稲見総院長と
脇坂クリニック大阪の脇坂院長に
共通していたのは

「薄毛は治療しない場合数年単位で徐々に進行していく」
ということ。

つまり、そこまで極端なスピードで進行していく事は通常あまりないよう。

しかし、ここからが重要で
何もしなかった場合、着実に進行は進んでしまうと言えるのです・・。

では、薄毛が始まったかもしれないと思った場合、早めの受診で進行を止めておくのが良い手段と言えそうです。

今回質問にお答えいただいたのは男性の薄毛治療を専門に行っている人気クリニックの先生方。

薄毛はすぐに進行しないとはいえ徐々に進行していきます。

また薄くなったかも・・
抜け毛が増えたなぁ・・
こんな風に毎日悩むのは辛いですよね。

各クリニックでは無料カウンセリングも行われています。

多くの男性が行っているように一度専門家に相談してみるのもアリなのではないでしょうか。