ハツーモ運営事務局
内閣府認定公益社団法人「日本毛髪科学協会」が認定する毛髪診断士監修のWEBサイトを運営。

【掲載メディア実績】

朝日新聞デジタル&M、@niftyビジネス、SankeiBiz、BIGLOBEニュース、財経新聞、LINEニュース 他多数

ヘアメディカル

ヘアメディカルは単剤処方でもいいの?アドバンスト発毛治療との違いは抜け毛を抑える治療か、発毛まで目指す治療か。

脇坂クリニック大阪 診察室

薄毛・AGA治療をしようと思い、ヘアメディカルの公式サイトを見てみると、

単剤処方
「アドバンスト発毛治療」

とふたつの薄毛・AGA治療法が書いてあって費用も全然違いますよね。

これってどう違うの?単剤処方でも良さそうなら、安い方の単剤処方にしたい、と思いますよね。

そこで今回は

・単剤処方でもいいのか?

・アドバンスト発毛治療との違いは?

ということをお伝えしていきます。

結論から言うと、

・単剤処方は髪を生やす治療ではないので発毛は期待できません。

・単剤処方は抜け毛を抑え、現状維持をするための治療なので、とりあえず抜け毛予防をしたいという人は単剤処方でOKです!

・「アドバンスト発毛治療」は抜け毛予防+髪を生やす治療です。

単剤処方 抜け毛を抑える。現状維持
アドバンスト発毛治療 抜け毛を抑える+髪を生やす

 

つまり、あなたが
抜け毛を抑えて現状維持していきたい!と思うのであれば単剤処方でOKです!

抜け毛を抑えるだけじゃなくて薄くなった髪を戻していきたい、生やしたい、と思うのであればアドバンスト発毛治療の方がいいです!

最初は単剤処方でやってみて途中からアドバンスト発毛治療に切り替えることもできますし、どっちにするか事前に決めていなくても、無料カウンセリングや医師との診察の中で決めることもできます。

\ヘアメディカルは無料カウンセリングも実施中/

公式サイトはこちら>>

単剤処方は抜け毛を抑えて現状維持するための治療

プロペシア単剤処方の薬

単剤処方は以下のような目的の人に向いた治療法です。

・発毛までは目指していない

・現状維持したい

・抜け毛予防したい

「単剤処方治療」はAGA(男性型脱毛症)の進行抑制を目的とした治療。髪が抜け落ちるのを防ぐ薄毛・AGA治療なんです。

具体的には、AGA(男性型脱毛症)の進行を抑制する作用のある薬を処方してもらい、AGAによる抜け毛を予防していく治療になります。

また、単剤処方は抜け毛予防を目的とした治療であって、発毛を目的とした治療ではありません。ここは非常に大事なポイントです。

あなたが、もし、抜け毛を抑えるだけでなく薄くなった髪を生やしたいとお考えてあれば、「単剤処方(抜け毛治療)」は適切ではありません。

その場合は、費用は高くなりますが、発毛を目的とする「アドバンスト発毛治療」が適切です。

抜け毛を予防して今の髪をキープしていきたいという現状維持をしたいなら単剤処方がピッタリの選択肢と言えます。

ヘアメディカルの単剤処方では抜け毛抑える薬が出される

単剤処方では抜け毛を抑える以下の薬のいずれかが処方されます。(医師と相談のうえ、自分で決めることができるそうです)

プロペシア錠

プロペシアプロペシア

プロペシアは「フィナステリド(抜け毛予防の有効成分)」を主成分としたAGA治療薬(医薬品)です。

フィナステリド錠

フィナステリドフィナステリド

プロペシア錠よりも安価で同等の効果を得ることができるのが、プロペシアのジェネリック医薬品フィナステリド錠

薬には、「先発医薬品(新薬)」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」があります。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品の特許期間が満了した後、厚生労働大臣の承認を得て販売される、同じ効果でより安価な薬のことです。

なので、プロペシア錠フィナステリド錠は効果は同じですが、費用が違います。

ザガーロ

ザガーロザガーロ

ザガーロは、ヘアメディカルで処方される単剤処方の3つの薬の中で一番費用が高いです。

有効成分として「デュタステリド」を配合しているのが最大の特徴です。

ザガーロは、プロペシア錠よりも抜け毛予防効果が高いと言われています。

ヘアメディカルの単剤処方の費用。2か月目以降は3か月に1回でOK

公式サイト参照:単剤処方の費用公式サイト参照:単剤処方の費用

ヘアメディカル の「単剤処方(抜け毛治療)」の料金は、

初回:11,000円〜14,500円(税別)

2回目以降:22,000円〜32,500円(税別)※3か月分

となっています。

単剤処方費用:初回の内訳

初診費
(診察+血圧測定+
マイクロスコープ+頭部撮影)
5,000円(税別)
プロペシア錠(MSD社製)30錠 7,000円(税別) 1ヵ月分
フィナステリド錠(ファイザー社製)30錠 6,000円(税別) 1ヵ月分
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製)30錠 9,500円(税別) 1ヵ月分

単剤処方費用:2回目以降の内訳

再診費
(診察+血圧測定+
マイクロスコープ+頭部撮影)
5,000円(税別)
プロペシア錠(MSD社製)90錠 20,000円(税別)3ヵ月分
フィナステリド錠(ファイザー社製)90錠 17,000円(税別) 3ヵ月分
ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製)90錠 27,500円(税別) 3ヵ月分

※2回目以降は、通院ペースが3ヶ月に1回なので3か月でこの料金ということになります。

アドバンスト発毛治療と単剤処方の薬や費用の違い

アドバンスト発毛治療の場合は抜け毛を抑える薬のほかに

・発毛を促進する「ミノキシジル」

・栄養のサプリメント

などがその人の症状に合わせてオーダーメイド式に処方されます。

また1か月あたりの費用は15,000円~32,000円となります。

単剤処方 アドバンスト発毛治療
目的 抜け毛を抑える 発毛
プロペシアなどの単剤 医師によるオーダーメイド式の薬
費用(1か月あたり) 11,000円~14,500円 15,000円~32,000円
通院頻度 3か月に1回程度 1か月に1回程度

 

まとめ

ここまでをまとめます。

「抜け毛を抑えたい」という目的なら単剤処方でOK!

・「発毛」目的の男性は「アドバンスト発毛治療」の方がいい

・単剤処方の初回費用は、11,000円〜14,500円(税別)

・単剤処方の2回目以降は3か月に1回の通院で、費用は、22,000円〜32,500円(税別)※3か月分

単剤処方は料金も抑えて通院できるので、まず最初に試してみたい男性にも良い選択肢です。

どちらにしようか決められない場合は無料カウンセリングで話を聞くこともできますし医師と相談のうえ決めることもできます。

無料カウンセリングの時点で単剤処方にするかアドバンスト発毛治療にするか決める必要はありませんし、話を聞いたあと1度家に帰って考えてから決めることもできるので安心です。

まずは一歩踏み出して無料カウンセリングで話を聞いてみてはいかがでしょうか?

\カンタン2分で申し込みできる/

公式サイトはこちら>>
ヘアメディカル予約画面
「無料カウンセリングの予約」「初診の予約」2つのボタンが出てきますが、どちらを選択しても当日の流れは

・無料カウンセリング

・医師の診察

と同じです。医師の診察は当日受けたければスタッフにその場で言えば受けられますし、必要なければそのまま帰ればいいので、申し込み時点では初診まで受けるかどうか決めていなくても大丈夫。勧誘もないので安心です。

RELATED POST
ヘアメディカル

ヘアメディカルのネット予約は、どっちのボタンを選んだらいいの?

2019年3月29日
AGA・薄毛治療病院の情報サイト|ハツーモ
ヘアメディカルの公式サイトを見ると、「無料カウンセリングのご予約(青いボタン) 」と「初診のご予約(オレンジのボタン)」2つのボタンがありま …
ヘアメディカル

ヘアメディカルでの無料カウンセリングに、ワックスなどの整髪料をつけて髪セットして行って大丈夫?

2019年3月28日
AGA・薄毛治療病院の情報サイト|ハツーモ
頭頂部の薄毛が気になって先日ヘアメディカルの無料カウンセリングを受けに行ったんですけど、ふと、 『あれ?整髪料ってつけて行ってもいいの …
ヘアメディカル

ヘアメディカルの無料カウンセリングの時間はどれくらいかかる?所要時間は何分?

2019年3月27日
AGA・薄毛治療病院の情報サイト|ハツーモ
こんにちは!先日ヘアメディカルで無料カウンセリングを受けてきました。 ヘアメディカルで無料カウンセリングを受けたいなと思った時 …