ハツーモ運営事務局
内閣府認定公益社団法人「日本毛髪科学協会」が認定する毛髪診断士監修のWEBサイトを運営。

【掲載メディア実績】

朝日新聞デジタル&M、@niftyビジネス、SankeiBiz、BIGLOBEニュース、財経新聞、LINEニュース 他多数

フィナステリド

フィナステリドの効果。なぜ薄毛治療に良いのか?副作用は?

男性の薄毛は薄毛治療専門病院で
治療できる時代。

その中でも中心を占める
投薬治療は患者さんの負担も少なく、
改善効果も申し分のないものです。

投薬治療に用いられる薬にも
複数の種類がありますが、
最も基本であり最も重要な存在が
フィナステリド製剤です。

この章ではフィナステリドが
どんなものなのか解説していきます。

フィナステリドとは?

フィナステリドというのは
薬剤の成分の名前であり、
私たちが目にする実際の製品の名前
としては「プロペシア」が有名です。

AGA治療においてはプロペシアを
はじめとするフィナステリド製剤が
非常に重要な地位を占めており、
必要不可欠とも言えるくらいの
存在です。

フィナステリドが
AGAの進行を抑制する仕組み

AGAは体内に元からある
テストステロンという男性ホルモンが、

5αリダクターゼという
酵素の一種の働きで
ジヒドロテストステロン(DHT)
という別の男性ホルモンに
変換されてしまうことで発症します。

DHTは
毛根のヘアサイクルを狂わせて、
髪が成長できる「成長期」の期間を
極端に短くしてしまうのです。

こうなると髪は十分に育てず、
細く弱りそのまま脱毛してしまいます。

そして毛根も次第に弱り
やがて死んでしまい、
薄毛を形成するのがAGAです。

フィナステリドは
5αリダクターゼに作用して、
根本原因となるDHTの発生を抑制し
AGAの進行をストップさせる
役目を果たします。

フィナステリド配合の薬は?
先発品とジェネリック
で違いはあるか?

フィナステリドを主成分にした
先発薬はMSD社製のプロペシアが
有名ですが、

国内では他にもファイザーやサワイ、
トーワなど各製薬会社が
ジェネリック品を流通させています。

値段が少し安い点で有利であり、
主成分が同じですから効果についても
プロペシアと同等の効果を
得ることができます。

ただしコーティング剤など
主成分以外は全く同じ訳ではないので
アレルギーなどの反応も
全く同じとは限りません。

海外製品を個人輸入などで
入手することもできますが、
上記の国内流通のジェネリック品
と違って安全面や信頼性などの点で
問題があるので
手を出すべきではありません。

飲み方

フィナステリド製剤の代表として
プロペシアの飲み方を説明します。

主成分の配合量が0.2mgのものと
1mgのものがありますが、
どちらも一日一回、
内服して使用します。

血中濃度を一定に保つために、
一日のうちでできるだけ同じ時間に
服用するのが良いとされています。

服用の際に錠剤を
噛んで割ったりしないで、
水などでそのまま飲み下してください。

飲み始めていつ頃から効果が出るか?

フィナステリドは
一定期間連続して使用することで
効果を得ることができる薬です。

最低でも3か月は連続して
服用することが大切です。

さらに、薬の効果を確かに
実感できるようになるには
髪が成長する時間が必要ですので、
概ね半年は服用を続けることが
推奨されています。

実際の治療ではフィナステリド以外にも
毛根を活性化させる薬などが
併用されることが多いです。

副作用について

フィナステリド製剤は
副作用も若干ながら報告されています。

代表としてプロペシアの副作用を
載せますが、主成分が同じ
他のジェネリック品も副作用
については基本的に同じ
と考えて問題ありません。

フィナステリド製剤の
副作用の特徴として
性機能関連が主になります。

①生殖器関連
睾丸痛、精子の質の低下、
無精子症、性欲減退、勃起不全、
射精障害など

②過敏症状
蕁麻疹、唇や舌などの
血管浮腫、顔面のむくみなど

③肝機能
AST上昇、ALT上昇など

④その他
乳房肥大、乳房圧痛、
抑うつ症状、めまいなど

詳しくはこちらで確認できます。
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

副作用が起こる可能性と
その場合の対応

副作用の発現頻度は
数%程度でそれほど高くないと
されていますが、

実際には口コミなどで
性欲減退などの報告が
上がっています。

性機能関連の場合、
フィナステリドの副作用ではなく
精神的な問題が関係していることも
多いのですが、

いずれにしても気になる症状が
出たらすぐに薬を処方してくれた
医師に相談して下さい。

減薬、休薬などの判断がされる
場合もありますが、
AGAには他にも治療薬や治療法が
あるので、

これらを組み合わせて
治療効果ができるだけ
落ちないようにする工夫ができます。

まとめ

今回はAGA治療の主役である
フィナステリドについて見てきました。

AGAの根本原因の発生を抑え
薄毛の進行を防いでくれるもので、
治療の核となる重要な存在です。

ジェネリック品も流通していますが、
クリニックによって取扱いに
差があるので処方を希望する場合は
各医療機関に
確認を取る必要があります。

薬ですので副作用の問題は
切り離せませんが、
症状が出たら医師に相談することで
副作用の悪化を防ぎ、

また他の治療法を組み合わせて
治療効率が落ちないように
することができます。